~Illness Illusion~
独り言
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死んでる。。。
国慶節以来、十何冊の小説が来た。それから、ずっと読み続けている。ちょっと疲れたなっと思った時に、”トリック”というドラマdvdを見始めたら、さらに止まらなっかた。

途中、風邪引きました。いろいろやりたい事があるけど、仕事にうんざりするので、なかなか機嫌がない。今でもね。

だから、まあ、読んでる本のリストだけ、書きます。

読み済む:
加速する視線(義月粧子)===二つの話、どちも切なく始めからラブラブハッピーエンド、面白かった。恋に怯えるウサギ受けと小悪魔で一途受け、両方可愛い。

いつでも瞳の中にいる(崎谷はるひ)===年古いですが、思春期の気持ちを思い出されます。幼い頃から憧れる年上と幸せになった、ありがたいありがたい。

別れごっこ( 剛しいら)===一見まじめな話実は痴話喧嘩、ちょっと態らしいだが、気楽で、一気に読めます。

誓約のうつり香(秀香穂里)===予想以上うまいです!SM関係の設定に苦手と思ったが、実攻めはとても優しいだ。こんな理想的なキャラは久しぶり!ドラマcdも聞きたくなりました。原作小説読んだらドラマを聞くと、さらに感動です。やっぱ、子安さん、最高!!!大好き~

永遠のパズル(榊花月)===切なくて、たまらない。榊花月さんはこんなに黒い話も出来たんだ、意外にね。心なかの暗みを引き出されそう。普段素直じゃない攻め最後に愛情の表現はとても感動です。

深夜の恋愛授業(真崎ひかる)===色男vs色男。予想通りの発展、でも私はセックス甘い受けに好意を持ちます。その点に評価上がります。

読む途中:
言ノ葉ノ花(砂原糖子)===あまり超能力とかに好きにならないだが、この話は別みたい。主人公の心理はとても自然で流れます。不器用で一途な攻め君はとても可愛かった。両思いになったら大成功、これこそbl世界の法則。
以下略。。。
夜空に咲く恋
耐えがたく甘い季節
スイートルームでくちづけを


未読:
死者の声はささやく
世界が終わるまできみと
ふれていたい
家族の肖像…のようなもの
潜入捜査は恋の罠
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。